自律神経失調症とは 高知県高知市 いの町 南国市

自律神経失調症とは

自律神経系

自律神経って何?

自律神経は心臓、血圧、食べ物の消化、体温の調節、ホルモンの分泌など生命を維持する働きを意とは関係ない所でコントロールしています。

自律神経は【交感神経と副交感神経】があって、
体の機能のアクセル(交感神経)は主に昼間、起きて活動している時や緊張している時に働く。怒り、恐怖、焦り、不安などの感情や、睡眠不足、栄養不足、過度の疲労などを感じても活発に働くと

ブレーキ(副交感神経)は落ち着かせる神経。大体は夜の睡眠中や休憩中や入浴などリラックスしてくると活発になる、疲労の回復で元気な体に戻すようにして、内臓の働きを活発化します。
アクセルとブレーキのバランスが正常に保たれることで内臓が正常にはたらきます。

自律神経失調症って? 病気なの??

体の不調で病院の検査でも、全く異常がない時に「自律神経失調症」と診断される。内臓そのものに原因がありませんので、検査しても特に異常がない事が多いです

病名ではなく症状のひとつ。
「めまい」「頭痛」「疲れが取れない」「胃が痛む」「不眠」「下痢・便秘」など、さまざまな症状が出る。
同時にさまざまな症状が現れ、生活状況や天候などで症状の現れ方が個人個人違うのが特徴です。

自律神経のバランスが崩れる原因

精神的ストレス 
人間関係や仕事などでの不快な圧力は、自律神経を乱すことがあります。自分の気持ちを表現できなかったり、真面目な人は調子を崩しやすいでしょう

身体的ストレス
不規則な生活、食生活の急激なみだれ、急激な気候の変化、過度なダイエット・過労などが原因となります。

更年期 女性ホルモンなど減少により自律神経の働きに影響が出やすくなります。

自律神経不調なら こころとからだを癒やす ka-HUNAにお任せ下さい。

ご覧の上で、当院の施術をご検討頂ければ幸いです。

☆同じ病名や症状であっても効果には個人差があります。
このページは当院の経験であります。

コメント


認証コード1858

コメントは管理者の承認後に表示されます。