高知市 左頚から左腕への痛み

30代女性の症例。

先週から頚から左腕がキリキリ痛みだして辛くて、日を追うごとに悪化して昨日の夜に娘に少し揉んでもらって多少楽になったが、まだまだしんどいので来院されました

実際の施術アプローチ

全身のグローバルな触診とフィシオエナジェテックの腕長反射テストを使った検査では、まずはじめに左肺上葉部・右脳の頭頂部の脈管系・回盲弁・腎臓などが負担が強くなっていて、反射で左背中の上部・回盲弁の不調の反射で右足のふくらはぎの多数硬結があって触ると痛いそうです。アレルセラピーでは肺には負のエネルギーと闇のエネルギーが溜まっていて、右脳はヘルペス系ウイルスが指し示され・腎臓はナス科お野菜のアレルギーでなどでフリーズを起こしていました。
それらを対処して、それぞれ重力バランスの調整をしました。

そして回盲弁は腓腹筋と太ももの内側広筋で指し示されました
アレルセラピーのカテゴリーでは重金属と真菌類が引っかり
アレルセラピーとそれらの筋肉をリンパドレナージと筋膜リリースで対処しました

回盲弁

すると回盲弁周辺の圧痛はなくなりました。
小時点で頚周りと左腕の重い感じや痛みはほぼなくなったと仰ってましたが、頭の重さがずっしりとあって、よくお話を聴いてみると

「忘れてるかもしれないけど」
「尻もちついたり何かすご~く痛いことなんか無かったですか?」

「そういえば かなり昔でいつか忘れたけど踏み台から落ちて尾てい骨をぶつけて、病院で骨折してるかもと言われて そのままに我慢してたら痛くなくなったのでほっといたことがある」

それはやばいねと
すぐにうつ伏せになっていただいて、尾骨を触診してみると
右のほうへすごく折れ曲がっていて、仙骨4番の左側に圧痛があり

すぐにアレルセラピーのカテゴリーを何個か割り出して、ゼノバイオセラピーで対処してから、仙骨をサトルボディからの矯正で修正しました
かなりセンターにもどって、ヒラメ筋の反射の圧痛と仙骨4番の圧痛も消えました
次回またここ施術する必要がありそうです

施術後は頚や腕が軽くなられて・頭の重さも無くなったようでした。

人体はひとつのユニットとして捉えることの大事さをおしえていただきました。
ありがとうございました。

高知 肩・腕の不調なら こころとからだを癒やす ka-HUNAにお任せ下さい。

ご覧の上で、当院の施術をご検討頂ければ幸いです。

お客様の声は個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります

コメント


認証コード2743

コメントは管理者の承認後に表示されます。