高知市 ひざ痛

膝の痛みは年齢とともに関節内の軟骨がすり減ってしまっていることが原因でその為にグルコサミンやコンドロイチンなどのサプリメントを摂取してらっしゃる方も多いですね。
またスポーツトレーナーの方に膝を柔らかく使ってくださいと誤った指導をされていたクライアントがいましたがそれ間違いです
膝関節は側屈(横に曲げたり)回旋運動を多少は出来ますが、曲げ伸ばしのような動きをメインに作られていますので、柔らかく使おうとすればかえって痛めてしまいます。

先日のお客様は股関節の動きが悪く制限がかかってしまって、膝を柔らかく使うしかなかったようで、膝に歪みがでて痛めてしまったようでした。

原因となった股関節の運動制限は下腹部の回腸の不調で臀部や鼠径部の反射点を硬くしてしまっていたためであることがわかりました。

腸の問題をアレルセラピーと内臓オステオパシーにて動きをつけて、股関節の運動制限を拡げる手技を施すとひざの痛みも楽になられました。

よくひざの水を抜いて良くなったように思われる方がいらっしゃいますが、その腫れはひざのおかしくなっているところを守るためにひざの動きを減らして負担を少なくするカラダのインテリジェンスの働きです。あまり度々水を抜くのはお勧めできません。

今回のように、原因を解消して膝以外からの様々な緊張や間違った力のベクトルを解消してあげて自然治癒力にお任せすれば、炎症は軽くなっていき自然に楽になていきます。

オステオパシーの哲学の 身体はひとつのユニットである という理念を理解することは大切だなろ今回のことで、改めて心に染みました
市川