施術後の注意事項

オステオパシーのセラピーは、身体のバランスを整え、生理的循環を回復させるので、
セラピー後も、効果がジワジワと続いていきます。

身体が調整し回復している間は、身体がだるくなったり、眠くなったりすることがあります。
時に、発熱や咳や湿疹、下痢などを伴うかもしれません。

施術後は体を休めて治癒を促進する時間を体に与えることが、大切です。
当日の長湯や飲酒、激しい運動、車の運転はなるべく控えて下さい。

オステオパシーの施術は、バランスを回復させることで、自然治癒力を発動させます。
身体はゆっくりと反応していきます。

一度のセラピーで完全な治癒というよりは、一歩ずつ健康に向けて歩んでいくものです。1回2回の整体ですべてが変わることは難しいです。
それはそうですよね?何年もかかってズレた骨格ですから。

セラピストと話し合い、最初のうちは1週間~3週間の間隔でセラピーをお受け下さい。
痛みの強い場合は、1週間間隔で・・・その方により少し期間が異なります。

またセラピストが一方的に治すことはできません。
クラアイントの方と共に、より良い回復を目指していきますので、
生活上でのご協力を宜しくお願いします。

セラピー後は、循環が活性化していたりするので少し、ボンヤリすることがあります。