FrontPage

体に溜まった水銀

栄養医学研究所さんが最近発表された記事ですが以下抜粋

「ここ数カ月間、栄養医学研究所で受託している爪ミネラル分析の結果で水銀野検出率と数値が上昇傾向にあります。特に西日本からの依頼分でその傾向は強いです。」

水銀は水俣病の原因として有名ですよね

水銀は形態として2つの形をとりながら体内に入ってくるそうです
一つ目は有機水銀化合物 2つ目は無機水銀化合物です

①有機水銀化合物
毒性がとても強くて、ほとんどは腸などの消化器官から吸収されて脳にたまりやすくまた中枢神経に対する毒性がこれまた強いそうです。
ほとんどがエチル水銀、メチル水銀で三種混合ワクチン、日本脳炎ワクチン、インフルエンザワクチン、B型肝炎ワクチンの防腐剤(チメロサール:エチル水銀チオサリチル酸ナトリウム)として使用されています。
私はワクチン反対派ではないですが、アレルギーや慢性病などが有る方はこれ以上体内の重金属を急激に増やさないためにも考慮が必要ですね。

②無機水銀化合物
こちらは毒性は無いと言われていて自然界にも多くあるそうです
有名なところでは、歯の詰め物で使うアマルガムがありますが歯にある時点では無機水銀化合物なのですが腸管などで腸内細菌や酵素によって有機化して腸から取り込まれまたガス状になったものが特にハイでヘモグロビンと結合して取り込まれてしまいます。
アマルガムを除去するときは、気化するガスへの対応がなされている歯医者さんを選択したいものですね。

日本ではちゃんと対応してくれる歯医者さんはなかなか見つかりませんが
千葉県松戸市下矢切72 のおおはし歯科クリニックなら完全対応で
アマルガムを除去してくださるので、どうぞ
ホームページはこちらをクリック

水銀化合物が原因となるしょうじょうの一覧

◎軽症
頭痛・不眠症・目まい・慢性疲労・居眠り・記憶障害(物忘れ)・虚弱・吐き気・食欲不振・神経過敏・アトピー性皮膚炎・感情が不安定になる・腎臓の機能障害・うつ病・各種アレルギー疾患・慢性疲労症候群

◎中症
不随意運動(手足の筋肉が勝手に動く)・錯乱状態・腎不全

◎重症
最終的に呼吸障害・奇形児・脳神経の損傷・中枢神経の障害が起こります。

これらの症状で、医者や整体・鍼灸・マッサージ・カイロプラクティックなどに行かれても向上せずにもしそれらの現在の状態が水銀だとしたらもんでも揺らしてみても、なかなか向上に至らないだろうなと考えられますね。

当サロンではキネシオロジー筋反射テストにて水銀解毒作用の高いシステインおよびメチオニン、セレン、リポ酸やリンゴに含まれるペクチン 解毒作用を助けるためのビタミンCおよびEのなどの重金属のデトックスやキレーションを物質を見つけ出し摂取指定たくことでより効果的に症状の暖和を期待できます。

※当サロンでおこなうキネシオロジー反射検査は医学的な検査ではありません。どうすれば解決するのかはわかりますが、診断は基本的には行いません。あくまで診断については医療機関でお願い致します。